JEPIC

国内外の中古印刷機・工作機、工場環境設備をお取扱い

エネルギー事業

地球環境の保全は私たち全員の課題です。とりわけ、業界に先駆け中古機器のリユースに取り組み、快適環境の提案を行う当社では、地球環境に優しい再生可能エネルギーへの取り組みは使命と感じています。
再生エネルギーを当社の次代の柱にすべく、5か所の太陽光発電所の運営とバイオマスエネルギーへの取り組みを進めています。

太陽光発電事業

2013年12月、満を持して太陽光発電の運用を開始しました。現在では5か所に発電所を設置し、総発電量は15,340 kWにも達しています。

掛川太陽光発電所

静岡県掛川市西之谷556-5
発電量: 11,564KW

大網白里太陽光発電所

千葉県大網白里市南横川字下り834番2
発電量: 178 KW

行方太陽光発電所

茨城県行方市蒔397
発電量: 2,157 KW

市之関太陽光発電所

群馬県前橋市市之関町1291-2
発電量: 396 KW

金丸太陽光発電所

群馬県前橋市金丸町字金丸328-1
発電量: 1,097 KW

小坂子太陽光発電所

群馬県前橋市小坂子町

バイオマス発電事業

太陽光発電事業に加え、新たな再生可能エネルギーとしてバイオマス発電にも着目。バイオマスとは、化石燃料を除いた生物体から作り出されるエネルギー資源の総称で、バイオマス発電はCO2を発生させない地球に優しい発電方法です。
当社は、そのバイオマス発電の原料となるPKS(パーム椰子殻)の加工、輸入販売を進めています。PKSは、パーム油搾油の過程で排出される農作物残さ廃棄物で、水分含量が少なく発熱量が高いことから、近年バイオマスエネルギーとして注目されています。当社では、インドネシアの企業と提携し、PKSを柔軟かつ安定的に供給する体制を整えています。また、現地に設置された検証プラントではより高品質なPKSの開発・製造も進めています。
廃棄物を資源に再利用することは、当社の理念にも合致するもので、循環型社会の構築に寄与することになります。